投資で資産運用

浅井健二です。

投資をする最大の目的は、資産運用だと思います。安定して投資を続けることができれば、それだけ安定した収入を得ることができ、住宅ローンや老後の備え、教育資金などに充てることができます。この3つは人生の中でも得に大きな出費となるので、早めに準備しておくに越したことはありません。

また、株式投資の場合は株式を保持していると、優待や配当金などを得ることができます。前回少し紹介しましたが、優待はサービスの一つで配当金はその名の通り投資で受け取れる金銭です。どちらも有効に使う・蓄えることで資産運用に役立てられます。

将来、どのようなことにお金を使うかは誰にもわかりません。ある程度計画を立てていたとしても、予期せぬ事態は起こるもの。資産運用はそのときのためにもなるのです。早すぎるということはないと思うので、出来る余裕があればなるべく早い段階から資産運用について考えておくと良いでしょう。

私の友人の例ですが、学生の頃から投資をしていた人がいます。株式投資、FX、仮想通貨と様々な投資を試していましたが、当時の私は早すぎるのではないかと思っていました。

確かに友人は失敗することもあったのですが、それでも投資の知識と技術を身につけていきました。そして今、ほとんど失敗することなく安定して投資を続けています。

友人曰く、早めに始めて小さな失敗を重ねておけば、大きな失敗に備えられるということでした。若いうちの失敗なら後から取り返すことができるから、とも。

失敗するなら早いうちが良いというのは、確かにその通りだと思いました。もちろん失敗しなければそれに越したことはありませんが、そういう考え方もあるのかと感心したのを覚えています。

今、友人は私の投資顧問のような存在です。半分冗談ですが半分本気で、どうしても悩んで自分で結論が出せなかったときに限り、友人にアドバイスをもらっています。その時は食事をおごるなどしてお礼をしています。身近にそうした存在がいるのは恵まれていることかもしれません。