短期投資は損切が重要

こんにちは、浅井健二です。

投資を始めた人は短期投資を考えたことが一度はあると思います。短期投資は買う時期よりも売る時期が重要で、過去の動きを見て投資のタイミングを計ることになります。そのため、中級者以上の手法と言えるかもしれません。

短期投資はいわば薄利多売の投資法です。コツコツ利益を積み重ねていくことになるので、大きな取引というわけではありません。そのため、損切も重要となってきます。

短期投資を成功させるには、常に発想を変えていきましょう。株価は長期的に見て行けば、企業業績に見合った価格になります。しかしそれが株価に反映されるのはずっと後のことです。日々の株価は需要と供給のバランスがものを言うので、株を買う場面で割安か割高かということは基本的に考えません。これが短期投資のコツと言えるでしょう。

短期投資はそのタイミングの難しさから、テクニカル投資とも呼ばれます。その名の通りテクニックが必要なのですが、慣れてくればどうということはありません。しかし投資家の中には大きな取引をしたい人もいるでしょう。投資を始めて、少しやり方がわかってきた人にもその傾向があります。そういう人ほど一度思いとどまって、コツコツ増やしていく短期投資を重視してほしいです。

投資は得をするか損をするか、どんなに研究している人でもぴったり当てることはできません。一つの賭けのようなものなので、なるべく堅実な投資を続けていくことをおすすめします。

堅実な投資に慣れてくると、大きく出ようとか、大胆な投資もしてみたいとか思うことがあるかもしれません。しかし個人的にはそのまま堅実な投資を続けたほうがいいと思います。

万が一大きく出て価値につながったとしても、その時の興奮や達成感を忘れられず、そのまま大胆な投資を続けることになりかねないからです。

プロの投資家と呼ばれる人でも時に損をします。それくらいシビアな世界なので、慣れてきたからと言って大胆な投資はできるだけ避けたほうがいいと思います。

もちろん最終的には個人の判断になるのですが、堅実にコツコツと増やしていくのがベストだと考えています。

何のために投資するのかを考える

浅井健二です。投資についていろいろと書いています。

投資を始めるにあたって、明確な目標を持っておくことをおすすめします。なぜなら目標を持っていた方がその目標に向かって堅実に、計画的に投資をすることができるからです。

たとえば、車がほしいから、結婚資金を貯めたいから、子どもの学費に当てたいから、老後に備えておきたいから、といった目標があると思います。

それらをより具体的にしていくことで、自分だけの投資の道のようなものが見えてきます。まずはその道を作ってください。

私が投資を始めたきっかけは、マイホームを建てようと思ったからでした。もちろん資金は貯金から無理のない範囲で出し、家族と相談しながらコツコツ続けていこうという風に決めました。

マイホームは完全オーダーメイドにしようと思っていたので、時間がかかります。その時間を投資に慣れるまでの時間にすることができると思ったのです。

マイホームがほしいと思っていたころの私は、投資に関して何も知りませんでした。株式投資さえどんなものか他人に説明できないほどでした。しかしいざマイホームを考え始め、と血やら税金やらカスタム代やらを試算していって具体的な金額が出てきたころ、同時進行していた投資はやっていてよかったと思いました。

目標があるからそれに向けてがんばることができるというのは、人生においてとても大事なことだと思います。

今はマイホームを建てた後なので老後の資金を貯めようと投資を続けていますが、今後も具体的な目標を掲げて堅実な投資を目指します。

何を目標にすればいいのかわからない人は、自分の人生設計を参考にしてください。例えばこれから家を建てようと思っているとか、結婚したいと思っているとか、何かとお金のかかる人生のイベントがあると思います。それを軸にして考えていくと、何のために投資するのか考えやすいのではないでしょうか。

投資の方法は様々な要素から決める

浅井健二です。

投資といってもいろいろあります。投資できるものは正式には「金融商品」というのですが、たとえば預金、債券、株式、投資信託などがあります。最近流行りの仮想通貨も金融商品の一つです。

自分の性格を考えて商品の仕組みを踏まえつつ、何なら相性が良いか考えると良いでしょう。コツコツやりたい人は株式投資でも良いですし、将来のことも考えていきたいなら預金や投資信託も良いと思います。このあたりは個人の自由です。

大切なのは、比較して考えていくということです。リターンにどのくらいの時間がかかるのか、大変さはどう違うのか、長い目で見てプラスになるのはどれなのか…。様々な要素から比べていけばどの投資が自分に合っているのかわかります。

私は株式投資をメインにしています。自分が務めている会社も株式会社なので仕組みが理解しやすかったからです。一番有名な投資なので参考書や解説しているブログ・サイトなどが多いのも決め手の一つです。堅実にコツコツ勧めていくのが好きな性格なのもあって、株式投資が向いていると思いました。友人にもそういわれたことが後押しとなって始めた次第です。

相談できる人が身近にいるなら、アドバイスをもらうのも一つです。経験者しか知らない情報というのはとても役に立ちます。私もそれでずいぶん助けられたので、もし周りで新しく投資を始めようとしている人がいたらサポートしてあげたいです。

そうした横のつながりで投資家たちは支え合っています。もちろんそうではない人もいますが、つながりが重要なのは間違いありません。

まったくつながりを作らなくても投資家をすることはできますが、内よりかはあったほうが良いのは確実です。情報はネットを見れば数え切れないほどありますが、より正確な情報はその道に精通した人から人づてで流れてくることがあるからです。

もし投資家を始めるなら、ある程度コミュニケーションをとることも必要だということを覚えておくと良いでしょう。

ジャンルを問わずニュースを読み漁る

浅井健二です。

投資を成功させるためには情報が必要ですが、えり好みをせずにどんなジャンルのニュースでも読み漁ることをおすすめします。

たとえば浅井健二は芸能関連のニュースがとても好きです。スポーツも好きです。誰がどんな作品に出たとか、結婚したとか、出産したとか、全米デビューするとか、そういったニュースにとても興味があります。

しかし、中にはこういったニュースが苦手な人、興味がない人もいると思います。

そしてこうしたニュースを読まない人の多くが「そのニュースは投資に関係ないだろう」と思いがちです。

ところが、それは間違いである、と断言できます。

芸能人やインフルエンサーがもつ影響力は絶大です。たとえば今話題の若手俳優が何かの商品をおいしい、使いやすい、素晴らしいと番組などで宣伝すれば、それだけでその俳優のファンが宣伝されたアイテムを探し、購入し、アイテムを販売する会社の株は急騰します。

有名人はこのように多大な影響力を持つので、その人が自分の投資している会社に何かしら関係があれば見逃すことはできません。

そのため、芸能関連のニュースも細かいところまで見ておく必要があるのです。

苦手な人はまずはトップニュースからざっと見るだけでも構いません。見ることを続けるとだんだん慣れてきますし、業界に詳しくなって見るのが面白くなってくるので、それまでの辛抱です。

芸能関連のニュースを見ていると、あの人とあの人は仲が良いんだ、といったように建てや横のつながりを知ることもできるので、面白いですよ。

投資を楽しくするためにも読んでいくことをおすすめします。

ニュースサイトの文章だと固くて読みづらいという人がいるかもしれません。その場合は個人のニュースを紹介しているブログを読むと良いかもしれません。「個人ブログ ニュース」といったキーワードで検索するとそういったブログがたくさん出てくるので探しやすいと思います。

インターネットをフル活用する

浅井健二です。

以前このブログで、情報収集するのが大切だと書きました。

投資に情報は欠かせません。株式投資であれば経済新聞を読むべきですし、インターネットもフル活用して様々なところから様々な情報を調べていくべきです。

たとえば私は、SNSを活用しています。TwitterFacebookでも日々いろいろなニュースが流れてきて、そのいずれも何かしらで経済に関連しています。

本当に、どのようなニュースが投資に役立つかわからないので、これは関係ないだろうから見ない、という風に色眼鏡を使って情報を選別しない方がいいと思います。

SNSといえば、たびたび「バズる」投稿が話題となります。バズる、というのはある投稿に対して、短期間で爆発的に閲覧数が増えることを言うのですが、これがどこかの会社に関連したものだと株価の上昇、または下落につながります。

マイナスイメージの投稿でバズってしまうとたちまち株価は下がってしまうので、各企業もネット上での評判を上げることに余念がないと思います。

時代は情報化社会で、ほとんどの人がインターネットを利用しています。これからはネットで口コミや感想を見ることが当たり前になるので、よりネット上での情報収集が重要となります。

あまり得意じゃない、興味がないという人も、まずはTwitterアカウントを一つ作ってみて、ニュースの公式アカウントをフォローしてみてください。そこから得られる情報だけでもかなり役に立つので、投資の視野が広がると思います。

たとえば私はSNSで様々なニュースサイト、メディアの公式アカウントをフォローしています。公式だけあり情報は確かですし、何よりニュースの第一報がとても速いです。情報は質もこだわりたいですが、それを伝えるスピードも重視したほうがいいと思います。どこから情報を得ればいいのかわからない人は、ぜひ参考にしてください。

成功と失敗の両方を知る

浅井健二です。

よく、投資のコツは何ですか?と聞かれることが多いのですが、それはずばり「成功と失敗を知ること」です。

投資は知識や技術を持っていれば必ず成功するわけではありません。前回紹介した友人のように、経験豊富でも失敗することはままあります。反対に言えば、何も知識を持っていない人でも一度に大儲けするかもしれないのです。もちろんそういう危険な投資はおすすめしませんが。

成功と失敗を知るというのは、成功する人と失敗する人の特徴を知るということです。投資がうまくいく人といかない人は、それぞれ何かしらの共通点があります。その共通点を見つければ、不安の少ない投資に一歩近づくことができるのです。

たとえば失敗する人は、焦りやすい、損切出来ない、管理できないといった特徴があります。焦りやすいと的確な判断ができなくなってしまいますし、損切ができないとずるずると損を引きずってしまうことになります。資金の管理ができないのは問題外です。

反対に、成功する人は、勝ちパターンを理解している、目標を定めている、自分で決めたルールに従うといった特徴があります。失敗する人の特徴と比べると面白いくらい正反対ですよね。総合していえるのは、余裕をもって冷静な判断をすることと、管理を徹底することです。これらができれば成功しやすくなると思います。

かといって必ず成功するわけではないので、心得程度にとどめておいてください。何事も過信せず地道にコツコツ努力していくことも、安定した投資に大切です。

また、失敗を受け入れることも大切です。失敗するとなかったことにしようとする人がいますが、失敗を受け入れられなければ反省できず、次の成功につながりません。ショックを受けるかもしれませんが、一度した失敗は必ず受け入れ、二度と同じ失敗をしないように必ず反省してください。これはとても重要なことです。

投資で資産運用

浅井健二です。

投資をする最大の目的は、資産運用だと思います。安定して投資を続けることができれば、それだけ安定した収入を得ることができ、住宅ローンや老後の備え、教育資金などに充てることができます。この3つは人生の中でも得に大きな出費となるので、早めに準備しておくに越したことはありません。

また、株式投資の場合は株式を保持していると、優待や配当金などを得ることができます。前回少し紹介しましたが、優待はサービスの一つで配当金はその名の通り投資で受け取れる金銭です。どちらも有効に使う・蓄えることで資産運用に役立てられます。

将来、どのようなことにお金を使うかは誰にもわかりません。ある程度計画を立てていたとしても、予期せぬ事態は起こるもの。資産運用はそのときのためにもなるのです。早すぎるということはないと思うので、出来る余裕があればなるべく早い段階から資産運用について考えておくと良いでしょう。

私の友人の例ですが、学生の頃から投資をしていた人がいます。株式投資、FX、仮想通貨と様々な投資を試していましたが、当時の私は早すぎるのではないかと思っていました。

確かに友人は失敗することもあったのですが、それでも投資の知識と技術を身につけていきました。そして今、ほとんど失敗することなく安定して投資を続けています。

友人曰く、早めに始めて小さな失敗を重ねておけば、大きな失敗に備えられるということでした。若いうちの失敗なら後から取り返すことができるから、とも。

失敗するなら早いうちが良いというのは、確かにその通りだと思いました。もちろん失敗しなければそれに越したことはありませんが、そういう考え方もあるのかと感心したのを覚えています。

今、友人は私の投資顧問のような存在です。半分冗談ですが半分本気で、どうしても悩んで自分で結論が出せなかったときに限り、友人にアドバイスをもらっています。その時は食事をおごるなどしてお礼をしています。身近にそうした存在がいるのは恵まれていることかもしれません。