映画に見る社会の生き方

こんにちは、浅井健二です。

突然ですが、映画をよく見ます。ジャンルは問わず何でも見ますが、その中でも最近は男女逆転大奥にハマっています。

よしながふみの漫画が原作なのですが、たびたび映画やドラマ化されています。いくつか作品がある中で、私は家光・有功編が好きです。最初は有功に焦点が当てられているのですが、有功に対して理不尽な扱いをする家光にも暗い過去があり、寄り添うように愛をはぐくんでいく様子は何回見ても泣いてしまいます。

ラブストーリーとしてだけでなく、社会での生き方を学べる教訓のような作品としても見ることができます。たとえば家光・有功編であれば、家光の乳母である春日局が、男性である本来の家光亡き後、どうにか徳川の世を続けるために私生児だった千恵(女性の家光)を囲い将軍として躾けていきます。千恵からしたら突然家族を殺され家からも連れ出され、知らない人ばかりのところで一生生活することになったのだからたまったものではありません。でも、時代背景や設定を考えるともはやそうするしかないのです。春日局の行動は物語上正しいと思います。

千恵も次第に自分の運命を受け入れ、有功という最愛の人を見つけたことから将軍として生き、将軍として死ぬことを覚悟します。自分にできることとできないことの分別をしたというところでしょうか。それも社会で生きていく上で大切ですよね。

次第に政への才覚を見せた千恵は家光として将軍の仕事をこなしていきます。時に柔軟に、時にシビアに。そのバランスも絶妙だったと思います。

他の将軍のエピソードも面白く、参考になる部分が多いです。興味がある方はぜひ一度読んでみてください。

他では、右衛門佐・綱吉編も面白いです。綱吉といえば天下の悪政といわれた「生類憐みの令」を発令したことで知られていますが、この作品では綱吉の父親が深く関与しています。綱吉の女性としての苦しみもあり、やはり涙を誘います。年齢的に若くはない二人の話ですが、それでも心に響きます。こちらもぜひ読んでほしい、見てほしいエピソードです。

影響力のある人物を見習う

こんにちは、浅井健二です。

影響力のある人物になりたいなとつくづく思います。例えば芸能人で大きな病気をしたことを公表する方がいますよね。自分の体がどうなるのかわからない不安を抱きながら、病気のことを公表するのはとても勇気のいることだと思います。

しかし、公表してくれたことで同じ病気にかかっている人を励ますことができますし、かかっているけれど気づいていない人の早期発見につながるかもしれません。

現に北斗晶さんは乳がんを患ったことを公表して、多くの女性に定期的な検診を受けるようにと呼び掛けました。その結果、乳がんだけでなく女性ならではの病気の検査を受ける人が増えたといいます。これはとても素晴らしいことだと思うんです。

自分は少し投資に詳しい一般人なので、芸能人ほどの影響力はありません。しかしブログという形で情報を発信し続けることで、少しでも多くの人の目に入り、投資を始める人や興味を持つ人が増えればそれでいいと思っています。

私が言いたいのは、小さな影響打も大きな影響でも良いから、人に何かのきっかけを与える人物になりたいということです。そして、特に大きな影響を与えられる芸能人の方を見習うことは自分の活動のヒントになると思います。

芸能人のブログを読んでいると、どうしたら読みやすく、注目を集めやすいのかもわかるようになります。基本的に文章と文章の間をあけて、さらに絵文字や顔文字といった視覚的に楽しいものを取り入れると良いみたいですね。

これは私も勉強中なのですが、少しずつ取り入れていきたいと思っています。芸能人から学べることはとても多いです。

先見の明を身につける

こんにちは、浅井健二です。

少し前に、ジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長が亡くなられました。心よりご冥福をお祈りいたします。

ジャニー社長は社長業だけでなくプロデューサー業も精力的に行っていて、亡くなる直前まで所属するタレントの舞台を作り続けていたといいます。すべての所属タレントに慕われ、独特な話口調や性格からメディアでもタレントが自ら話題にするほどでした。

しかし決して表舞台には立たず、裏方に徹したプロ中のプロです。多くのアイドルやタレントを世に輩出し、その人たちで今の芸能界が支えられているといっても過言ではありません。

私がすごいと思うのは、ジャニー社長の先見の明です。いろいろな所属タレントのエピソードにもあるように、突飛とも思える行動からアイドルに採用したり、グループを結成したりしています。彼にしか見えない「何か」があったのでしょう。

何かをする上でそうした第六感のような感覚はとても大事です。私は投資をしていますが、たまに「これはこうしたほうが良いかもしれない」という直感からの行動で成功するときがあります。この間隔は大事にしたいし、頻度を上げられるように訓練していきたいです。

その業界に長くいればいるほど、先見の明は鍛えられると思っています。投資を続けていると失敗することもありますが、それでもあきらめずさらにスキルを磨いていきたいです。そのためには情報収集と、ジャニー社長のような尊敬できる人の生きざまを知って真似できることは進んで行いたいと思います。

普通に生きているとジャニー社長ほど大きなことはできないかもしれません。しかし、平凡に暮らしていくというのも思いのほか難しいものです。自分の人生で何を成し遂げたいのか、どのような未来になっていたいのか。節目節目で考えていくと計画的に自分の人生を歩めるような気がします。先見の明をつけることも一つの人生の目標にできると思いますし、何かしらの目標を見つけておくことはいいことだと思います。

頭の回転を速くするには

こんにちは、浅井健二です。

投資をする上で頭の回転が速いことは大きなアドバンテージになるのですが、どうやって身につければいいのかわかりませんよね。私はお笑い芸人を見て学ぶことができました。

お笑い芸人って、本当に頭の回転が速いです。テレビに出ている人も、舞台に出ている人も、皆さん計算してネタを作っています。「ここで大きな笑いが起きる」というのを想定しているんです。頭の回転が速くなければこういうネタは作れないと思います。

また、ネタを度忘れしたときとかセリフを噛んでしまった時とかもテレビで見たことがあると思います。そういうときってとっさに違うことをしてやはり笑いを取りますよね。それができるのも頭の回転の速さあってこそです。そういうとっさの場面を見ると本当にすごいなと思います。

特に生放送は筋書きがあっても何が起きるかわからないのでより勉強になります。自分がそういう場に立つことは絶対にありませんが、どういう風に立ち回ればいいのか、臨機応変に動くとはどういうことかというのを学べるので、お笑い芸人を観察するのは本当におすすめです。

まずは好きな芸人さんから見ると良いですよ。テレビを見るのが手っ取り早いですね。できれば舞台を見に行って、すぐ身近で見る芸人さんがどういう動きをするのか見ると良いと思います。

私も何度かお笑いの舞台に行ったことがあるのですが、面白いしためになるしで良いことしかありません。笑うとスッキリしますし健康にもいいんじゃないでしょうか。

芸人ほど頭がよくないとできない仕事もないなと個人的には思っているので、頭の回転だけでなくほかの様々な部分で芸人さんを参考にする部分があります。トーク力、コミュニケーション力、場の盛り上げ方など…。投資のためだけでなくてもいろんな芸人さんの振る舞いを見ておくことは解て勉強になると思います。

著名な投資家から学ぶ

こんにちは、浅井健二です。

投資を学ぶ方法として、有名な投資家の投資方法を知るというものがあります。私が影響を受けたのは桐谷広人さんです。テレビでもおなじみですよね。

私は深夜番組で桐谷さんを知ったのですが、株主優待を最大限活用した生活にとても驚いたと同時に感銘を受けました。自転車をこいで優待のお店をはしごする姿は投資家の鑑だと思います。

最近になって、彼がプロの棋士だったことを知りました。深夜番組以外もいろいろなメディアに出ていたんですね。キャラクターも独特でとても面白い人だと思いますし、今後も投資家として活躍してほしいです。

やっぱり頭を使う仕事をしているからか、話も上手くわかりやすいです。専門用語などをほとんど使わないので、投資を始めたばかりの人も桐谷さんの話は聞きやすいと思います。

他にもいろいろな有名投資家がいますが、私は桐谷さんから学ぶことをおすすめします。

最近は本職は別にあるけれどキャラクターの濃さや話の面白さからメディアに出る人が増えていますよね。その道一筋、という人が減ってきている気がします。もちろんそういう人もすごいのですが、やっぱり人間はいろいろな面があってこそだと思うので、どんどんいろいろな媒体から側面を出していってもらえればと思います。たとえエキスパートでなくてもたとえば女優さんが意外な趣味を持っていたり、お笑い芸人がものすごく勉強ができたりというのでもいいと思います。

多様性が求められる今の時代だからこそ、マルチな才能を持つ人は活躍しやすくなったなと感じています。

投資家としてだけ活躍している方を参考にするのももちろん良いと思います。大抵の有名投資家の方は本を出版されているので、それを読んで勉強するのがおすすめです。ただ、投資の仕方は人によりけりです。基本は真似していくのが良いと思いますが、ある程度コツをつかんできたら自分なりの投資方法を見つけていくとスキルアップしやすいでしょう。

投資家と節約

こんにちは、浅井健二です。

ふと思いましたが、投資家と節約って結構切っても切れない関係かもしれません。

投資を始めてしばらく経った人で節約しているという人が非常に多いからです。私もその一人です。

なぜなら、投資を始めてしばらく経つと「成功」があれば「失敗」もしているんですよね。大なり小なりあるんです。その経験を活かしてより堅実な儲ける方法を考えていくので、最終的に日ごろから節約することに行きつくのだと思います。

また、株式投資をしている人は配当のほかに株主優待があります。それをうまく使って生活していけば日々の生活費がかなり浮きます。節約というと光熱費を抑えるとか食費を抑えるとかそういうイメージがあると思いますが、投資家における節約はまた一味違ったものになります。ある意味投資家だけができる節約と言えるかもしれません。

投資家ならではの節約をしていけば、資産の増え方はぐんと伸びると思います。大きく勝負に出て大きく儲けたいという人もいるかもしれませんが、初心者ほどそういう落とし穴に陥りがちです。できれば堅実にコツコツ投資していくことをおすすめします。

私がしていることと言えば、情報収集から始まります。新聞や経済系の雑誌を読んで今儲かっているところ、次に儲かりそうなところを自分なりに分析します。これが結構難しいのですが、勉強になるので楽しいです。

時間があれば自分なりの分析をしていくと力がつくと思いますよ。

ほかに、芸能や文化のニュースに目を向けることも大事です。たとえばものすごく有名な芸能人が結婚すると、経済効果がどうとかニュースで聞きますよね?あれは結婚したことでその後活躍する場が増え、どのように経済に影響を与えるかを言っています。

投資をする以上経済へのアンテナは敏感にしておくべきです。芸能や文化のニュースは間接的にも投資とつながっているのです。

一般的な経済のニュースよりもわかりやすいと思いますし、情報収集につかれたときは見てみると良いですよ。

投資におけるメンタルの鍛え方

こんにちは、浅井健二です。

今回は投資におけるメンタルの鍛え方を紹介します。

以前少し触れたと思いますが、安定した堅実な投資を行うには、投資する本人のメンタルを鍛えておく必要があります。

弱いメンタルだと万が一何かあったとき、とっさに正しい判断ができないからです。

具体的にどういうことか説明していきますね。

まず、投資するときは先のことを考えて行います。どれだけ投資したらどれだけリターンがあるかなどを常に考えながら行っていくのです。それを考えるのにまず安定したメンタルが求められます。正常な判断はメンタルが安定していてこそできるからです。

しかし、投資は突如として損をする可能性があります。そのとっさの時も安定したメンタルがないと、さらに悪い方へ向かう判断をしてしまうことがあります。「常に冷静な判断を」というのは投資界隈でよく聞くと思いますが、わかっていても実際するのは難しいものです。

そこで、日ごろからメンタルを鍛えておくことをおすすめします。一番良いのは様々なパターンを想定した運用プランを立てておくことです。

たくさん設けた時のプランはもちろん、大損したときのプランも立てておきます。あらかじめ最悪の事態を想定したプランを立てておけば、慌てて動くことなくそのプランに沿って落ち着いて行動することができます。

また、最悪の事態をイメージしておくことはメンタルを鍛えることにつながります。嫌なことはできるだけ考えたくないかもしれませんが、投資にリスクはつきものです。これも勉強の一つと思って取り組んでおきましょう。

私が実際にやっている訓練の方法として、様々なパターンを想定したプレゼンテーションを作る、ということがあります。プレゼンテーションなので一度作ってしまえば見返すだけで良いですし、何か情報を追加したいときもパパっとできます。髪にメモしておくのも考えたのですが、パソコンがあるならやはりこちらに残しておいたほうが見返しやすく、そもそも作りやすいのでおすすめです。